Property Accessで頭金+5万円台からはじめる。
海外不動産投資スタートプログラム

海外不動産投資は難しいと思っていませんか? 支払い方法により少額から積立投資できる物件もあります。
地理的に近く成⻑著しい東南アジア、「頭金+月々5万円台*」 から、将来への資産構築をはじめましょう。

* ご購入にあたり、アドバイザリー費用(購入価格の5%)及び外国文書認証費用等が発生いたします。

海外不動産投資は、
低めのリスク・高めのリターン。

Lower Risk

海外不動産投資は、株式よりもリスクが少ないという安心があります。また、さらに国内不動産所有経験がある方にとっては似ている部分もあり、馴染みやすい投資対象と言えます。

Higher Return

不動産価格上昇により、売却時に得られるキャピタルゲインを期待できるだけではなく、通貨分散の一環で賃料収入(インカムゲイン)も得ることができます。

プロは、成⻑国フィリピンに
着目しています。

デフレ・少子高齢化の日本は、築年経過につれ投資不動産の競争力が落ちていますし、
他先進国は価格上昇や賃料上昇はあるが、リターンはそれほど多くありません。
フィリピンは平均成⻑率6.21%(日本:1.18%)の高い成⻑国として、確かな不動産価格と賃料の上昇を期待できます。
さらに通貨フィリピン・ペソは対円でドル・ユーロとほぼ同じボラティリティ (変動率)で、
為替リスクが少ないのが特徴。日本や米国と異なり、好立地の新築不動産が1,000万円から検討いただけます。

成長国の物件を、
10年保有するということ。

国が成長するということは、10年間で物価が上がるということになります。
それはつまり、不動産価格、利回りの上昇を期待できるということなのです。
そして経済成長は、同時にリスクヘッジとしても機能する要素。下落幅を抑えるということにもつながるのです。

それでも海外不動産投資は簡単ではありません。
日本と海外不動産を比較できるプロが、様々な領域でサポートいたします。

風戸 裕樹
日本国内統括・投資戦略策定
日本国内で15年超の不動産業務投資経験。2014年にソニー不動産執行役員(事業売却後)。2016年よりシンガポールで当社創業し、東南アジア不動産取引に明るい。宅地建物取引士(日本)早稲田大学商学部卒
シーラ ・ベイロン
東南アジア統括・海外デベロッパー管理
世界各国での20年超の不動産業務投資経験。特にフィリピン、マレーシア、タイ、ベトナム等での強いネットワークを有する。シンガポール国立大学院不動産経営修士、アジアマネジメント大学院経営学修士(MBA)
早水 和徳
投資エリア及び適格物件選定
日本国内・米国にて30年以上の不動産業務投資経験。元カーギルジャパンMD、イデラキャピタル最高投資責任者として1兆円強の不動産投資取引実績。早稲田大学法学部卒。青山学院大学院国際経営修士(MBA)
竹田 直之
投資計画・不動産取引(申込・契約)
日本国内にて約15年の不動産取引業務経験。みずほ信託銀行不動産営業部にて1,000億円以上の投資用及び事業用不動産取引を経験。宅地建物取引士(日本)神戸大学経済学部卒
小川 真由
契約管理(口座開設・送金サポート)
米国及び東南アジアにて不動産取引経験を有する。ソニー不動産にて取引管理を行う。米国セールスパーソン資格(ニューヨーク州)カリフォルニア州立大学卒

お手伝いできる領域は、
トータルでも、部分的にも。

海外不動産投資は10年〜という長期の運用となります。投資を検討される段階からのトータルなサポートはもちろん、実際に投資が始まってから、売却までのさまざまな資産運用に関する長期間にわたるサポートも行っています。これらを丁寧に継続的に行い、資産価値を保全し育てていくことで、キャピタルゲインとインカムゲインをきちんと得られるようにしていきます。

※ 現地税務申告、現地不動産賃貸管理サービスは、別途費用が発生いたします。

投資戦略のご提案

現地銀行口座開設

家具・家電設置

現地案内

契約書和訳説明

購入・売却サポート

現地税務申告

現地不動産賃貸管理

不動産のプロや、
投資家も利用。

わかりやすく丁寧なサポート。

鈴木豪一郎 不動産クリニック®
(株)常盤不動産 代表取締役

不動産会社を20年以上経営するなかで、日本の不動産価格が下がって行く状況をみていました。自分の子供の世代に残せるもの、希望を持って活躍できる環境は未来ににあるだろうか。長引くデフレーション、人口減少、国家債務の増大の現状から考えた中で、海外の成長国フィリピンへの不動産投資をきめました。

日本国内の不動産においてはプロフェショナルですが、海外不動産に関しては不確かなところが多い中、プロパティアクセスと出会い、現地の状況や慣習、法制度、売却時のタイミングなどを教えてもらいました。国内の不動産を購入するかのように、非常に丁寧でわかりやすくサポートしてくれました。

不動産業を行うものとして海外の不動産を日本の投資家が国内の不動産投資を行えると良いなと思ってますし、私も自身の投資経験を通じてご紹介できるようになれたらと思います。

経験に基づくたしかな運用力。

小田原富士子 主婦

旅行などではいろいろな国を訪れていましたが、海外の不動産を購入するということは考えていませんでした。しかし、マレーシアでMM2H(長期滞在ビザ)取得をきっかけに、将来の移住も含めて海外不動産について学ぶようになりました。東急リゾート社を通じた相談会でプロパティアクセスから東南アジア不動産の説明を受け、通貨が安定しており、日本の高度成長期のようなフィリピンに魅力を感じ投資目的で夫婦で購入をしました。事前に現地確認や渡航はしていません。購入後に現地を訪れ、想像以上に発展していること、また売主のデベロッパー や現地スタッフも優秀で安心しました。現地では銀行口座の開設もサポートしてくれて満足しています。日本の不動産のプロで、かつフィリピン以外の東南アジアにも明るいプロパティアクセスに、次の投資案件も依頼するつもりです。

40分で海外不動産投資を、ひと通り理解する。
個人相談を開催しています。

こんなテーマでお話しします

  • 月々約5万円で購入していく物件の特徴とリターン
  • 過去の為替変動から見る、通貨の安定度
  • 選べる支払い方法とオススメの支払い方法
  • 他の国は?東南アジア各国のマーケットと制度比較
  • フィリピンの都市開発の最新情報と知るべきエリア
  • 安心できるデベロッパーと注意が必要なデベロッパーとは
  • 完成引渡前(残金決済前)の売却方法とリターン
  • 活用できるローンの種類と内容
  • 現地に行かないで優良物件を探すポイント
  • やすかろうわるかろう、安すぎる物件に注意

頭金 + 5万円台から始める、
購入シミュレーション。

フィリピン不動産購入の支払方法は、デベロッパーが提示する複数の方法から買主が選択することができます。
新築物件の場合は規模が小さいデベロッパーは完成できないリスクがあるため、当社では大手かつ信頼性の高いデベロッパーのみ紹介しています。

... ... ... ...
物件例

EMPRESS(エンプレス)−マニラオルティガス−
地下鉄直結タウンシップ 高級コンドミニアムの場合
※物件価格: 1,732万円 / 完成5年後

10ヘクタールの複合用途タウンシップ、「キャピトル・コモンズ」内、スマートリビング機能、細かなところまで便利さを追求したデザイン、色彩セラピーや植物を多く取り入れた自然あふれる環境の高級物件。
成約
予約金
約20万円
成約時に、予約金として、10万ペソ程度をお支払いいただきます。
30日以内
手付金
約150万円
予約後30日以内に、手付金として売買代金10%をお支払いください。
66ヶ月間
分割金
約5.2万円
(20%)
売買代金の20%を、完成までの66ヶ月間、分割して毎月お支払いいただきます。スタートプログラムでは、物件価格と竣工までの年数に応じ、5万円台に抑えることが可能です。
67ヶ月後
最終金
約1,700万円
(70%)
完成時に、最終金として約1,700万円をお支払いいただきます。最終金はローンを利用することも可能です。

オンラインでのご相談も承っております。
個別相談にお申し込みください。

折り返しご連絡させていただきます。

お名前を入力してください
メールアドレスを入力してください
電話番号を入力してください